山ガール必見!日帰り登山メイク①~スキンケアからベースメイクまで

スポンサーリンク
登山グッズ

こんにちは、makiです。

突然ですが特に女性の皆さん、登山の時のメイクって悩みますよね。

ずぼらマキ
ずぼらマキ

どうせ汗びっしょりでぐちゃぐちゃになるんだから日焼け止めだけでいいっしょ!

几帳面マキ
几帳面マキ

山で思い出に残る写真を撮りたいからあんまり酷い顔のままはちょっと・・・💦

ズボラな自分と几帳面な自分の2人がせめぎ合います。

(まあ究極の理想はノーメイクでも十分盛れる顔面であること・・・ですがそれは無理なので😭)

そんなつばぜり合いの中、現在(2022年時点)登山の時に使っているメイクアイテムをご紹介します。

今回は日帰り登山の日のスキンケアからベースメイクまで!

ポイントメイク編は以下の↓リンクからどうぞ。

スポンサーリンク

日帰り登山の日のメイク~①スキンケア

日帰り登山の日って、基本的にはものすごく早起きですよね。

ずぼらマキ
ずぼらマキ

いかにギリギリまで睡眠を取って素早く準備するかがキモだよね!

そんなときのスキンケア手順は大体こんな流れです。

洗顔の代わりにふき取り化粧水

ずぼらマキ
ずぼらマキ

朝は洗面所に行って顔を洗うことすらめんどくさい・・・

洗面所に行かずに自分の部屋だけで顔を完結させたいですよね。

几帳面マキ
几帳面マキ

そういう時におすすめなのがふき取り化粧水✨

私のおすすめはビオデルマのふき取り化粧水です!

・ビオデルマのおすすめポイント

♡使い方がカンタン

コットンに化粧水をたっぷりと含ませて、顔全体を優しくふき取るだけです。

これだけで朝の洗顔終了です!

寝ている間に汗をかくせいか、コットンに意外と皮脂汚れがついていたりして💦汚れが取れているのが分かります。

♡優しい使用感

ふき取り化粧水によくあるスースーした刺激がなく、とにかく使用感が優しい。香りも強すぎず丁度良いです。

保湿成分が入っているので突っ張る感じも無いです。

♡肌質別に色々選べる

ビオデルマのふき取り化粧水のシリーズは、

🌸敏感肌用の赤

🌸混合肌用の緑

🌸乾燥肌用の青

🌸くすみケア用のグレー

が主なラインナップのようです。

几帳面マキ
几帳面マキ

私は乾燥肌用のブルーのパッケージのを使ってます💙

ビオデルマ エイチツーオー 250ml

これに加えて、今後の本格夏シーズンに向け緑の混合肌用のを買い足そうかと思っています!

ずぼらマキ
ずぼらマキ

肌の状態や季節によってい使い分けられるのはいいね!

スプレー化粧水で全身うるうる

ふき取り化粧水だけで十分肌の潤いは感じられるのですが・・・

几帳面マキ
几帳面マキ

私はさらに無印良品のスプレー化粧水を全身に振りまきます!

ずぼらマキ
ずぼらマキ

どんだけ潤いを欲しているんだっていうね✋

・無印良品の化粧水おすすめポイント

♡プチプラで大容量

無印の魅力は何といってもプチプラで高品質なところですよね✨

私が愛用しているのは化粧水さっぱりタイプ大容量(400ml)

贅沢に使ってもなかなか無くならないので全身にたっぷり使えます💕

♡スプレーヘッドを付け替えられて便利

無印良品のボトルは、蓋を別売りのスプレーヘッドに変えることができます。

スプレータイプですとより全身に素早く、手の届きにくい背中まで噴射することができます!

(※ただし高保湿タイプの化粧水は粘度が高くスプレー噴射することができませんのでご注意ください!詳しくは店頭などで店員さんに確認されるのが良いと思います。)

ずぼらマキ
ずぼらマキ

ここだけの話、私も一度失敗してます・・

乳液兼日焼け止め

さて、登山の日の朝の続き。

化粧水をつけた辺りで並行して着替えを始めます。服は前日の時点で頭から足の先まで決めているので、よほどの天候の急変が無い限りはサッサと終わります。

几帳面マキ
几帳面マキ

このタイミングで乳液と日焼け止めを塗ります☀️

ただでさえ紫外線が高い所に行くのですから、日焼け止めはマスト中のマストですね。

さらに日焼け止めの持続時間は大体2~3時間と言われています。

つまり朝塗っても登山口に着くころには塗り直さないといけない・・・

何度も塗り直すという肌への負担を考えると、一番下地に塗る部分は効果が高く肌に優しいものを付けておきたい。

そこで私が使っているのはエリクシールの乳液兼日焼け止めです!

エリクシール デイリーブライトニング UVプロテクター

・エリクシール乳液のおすすめポイント

♡これ一つで何役も!

乳液・美容液・化粧下地・日焼け止め効果を兼ね備えている優れものです。

さらにSPF50+、PA++++で日焼け対策もバッチリ👌

♡クリームの心地よさ

テクスチャーはサラッとしていて、非常に伸びが良いです。クリームの伸びが良いというのは、朝バタバタしているときにとっっても助かります。香りも優しく控えめですね。

美容液が入っているせいか肌がなめらかにキレイになる感じもします。

いつも顔・首・耳まで忘れずに塗っています。

ちなみに腕や他の部位に関しては、特にこだわりなくプチプラのたっぷり使ってもOKな日焼け止めをひたすら塗りたくることが多いです。

ずぼらマキ
ずぼらマキ

今はニベアのディーププロテクトというのを使ってます。

日帰り登山の日のメイク~②ベースメイク

ベースメイク手順
  • 神コンシーラーでなんでも隠そう
  • 余裕があればBBクリーム
  • パウダーは持ち歩きも兼ねて
  • 最後はキープミスト

スキンケアが終わったら次は粗隠し(?)です。

化粧下地は乳液と同時に済ませているから良いとして、基本的にファンデーションは使いません。

几帳面マキ
几帳面マキ

肌の悩みは大体これ一つで誤魔化すという便利アイテムがあります♡それは・・

ザ・セムのチップコンシーラです!

ザ・セム チップコンシーラー1.25 ライトベージュ

一時期ネットでバズっていたのでご存じの方も多いと思います。

隠したいところを的確に隠してくれる、伸びが良いので少量でOK、何より超プチプラ!

使わない手はないです。

チップをほんのすこーし顔に載せて、もしくは指にとって気になるところにポンポンと叩き込めばベースメイクほぼ完了です。

ずぼらマキ
ずぼらマキ

神・時短アイテム最高!

時間に余裕のある時は、上からBBクリームを重ねることもあります。

その名も毛穴パテ職人

名前だけでも効果ありそうですね・・・

毛穴パテ職人 エンリッチモイスト

↑長く使っているので使用感のある見た目ですいません😅

これ、名前だけではなく本当に一日動いても崩れにくいですし、SPF50+、PA++++で日差し対策もしっかりできるのです!

使い方は少しずつ手に取って伸ばしながらトントンと馴染ませるだけです。お手軽~~

そしてパウダー。

これは山行に持って歩くことも考え、軽さも重視して選んでいます。

イニスフリーのノーセバムモイスチャーパウダです。

イニスフリー ノーセバムモイスチャーパウダー

とにかくサラッサラになります!そして容器も軽く容量5gなので持ち歩いても全く負担になりません💕

ずぼらマキ
ずぼらマキ

イニスフリーのパウダーは沢山種類があるので、自分に合うものを見つけるのも楽しい♡

几帳面マキ
几帳面マキ

仕上げにメイクキープミストを吹きかければ完成♡

コーセー メイクキープミストEX

マスクが当たり前のご時世になって以来急速に見かけるようになったメイクキープミスト(フィックススプレー)。

マスクの湿度や擦れにも強いということは、当然登山時の汗にも強く、タオルで多少拭いても崩れにくい。

正直、とても助かっています。

私が今使っているのはーセーのメイクキープミスト

夏用の涼しげなタイプのものなど、いろんな種類がありますのでお好みで選べます😊

几帳面マキ
几帳面マキ

メイクの一番最後にするものなので、この後ポイントメイクをされる方は全工程が終わってからが良いと思います✨

こっそり隠しワザ~カラコンで目ヂカラを強めよう

これは番外編というかチート技なのですが・・・

私は目が悪いので、山に行くときはコンタクトレンズが欠かせません。

こういう時に「カラコン」の出番です。

まき
まき

最近のカラコンは自然に馴染むものが多い!

maki
maki

一時期流行ってた宇宙人みたいな真っ黒いカラコンではないのです👀

自然に馴染み、なおかつ簡単に目力を強めてくれる優れものです☝️

まき
まき

以下、私がガチでリアルに愛用しているものをご紹介します!

maki
maki

洋服やメイクと同じ感覚で、気分によって変えています♡

ご紹介したものは目も乾きにくく、使いやすいのでヘビロテしています。

コンタクトレンズ、体質的に合わない方やそもそも視力が良いから不要の方もいると思うので万人におすすめはしませんが・・

眼球のオシャレ」も個人的にはアリだと思ってます✨


以上でスキンケア~ベースメイクまではおしまいです!

ずぼらマキ
ずぼらマキ

文章にするとボリュームあるけど、実際のメイク時間は5~10分くらい!

次の記事はポイントメイク編です!↓下記のリンクからぜひご覧ください。

それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました。

コメント