登山で使っているカメラと周辺機器、携行方法の話(ライトユーザー編)

スポンサーリンク
当サイトはアフィリエイトプログラムに参加しています。記事には広告を含む場合がございます。
当サイトはアフィリエイトプログラムに参加しています。記事には広告を含む場合がございます。
登山グッズ

こんにちは、makiです。

今回は登山のときに私が使っているカメラとその周辺機器、普段の携行方法についてのご紹介です。

makiプロフィール

・不定期に山登りをする虚弱ハイカー。ほんとは週一で行きたい

・ガジェット好きだが薄く浅い。

・綺麗な写真を手軽に残したい。重たい機材はなるべく持ちたくない

※ライトユーザーはこんなものを使ってますよというお話で、専門的な機能の説明などはありません

@hirarisanpo

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今使っているカメラと周辺機器

現在、登山では

①ミラーレス一眼②アクションカム③iPhoneカメラ

の3つを使い分けています。

ミラーレス一眼|SONY α6000

山登りを始めるきっかけの一つが「山で綺麗な紅葉写真を撮りたい」だったこともあり、ちょうどそのタイミングで購入したミラーレス一眼です。

2014年発売。SONYのα6000シリーズ最初のモデルだそうです。

最初に撮った高尾山の紅葉写真

以降ずっと山にはセットで持ち歩いていました。

ほぼ同時期に望遠レンズも購入。

@hirarisanpo

望遠レンズの購入動機は「野鳥の写真を撮ってみたいから」でした。

ですが、野鳥撮影となるとこのレンズではちょっと距離が足りなかったようです。この辺に私の詰めの甘さが伺い知れます。

動物園での鳥さん撮影とか、別の場所では活躍してくれています!

↓こちらは高川山から望遠レンズで撮影した富士山。

@hirarisanpo

α6000は10年以上前のモデルなのですが、最新型に買い替えるほど使いこなせてない私としてはまだこれで十分という感じです。

最近は軽量化やら、私の腕前程度ならiPhoneカメラで事足りるのでは?と思ったりで持ち歩かないことが多いので・・パッキングにこなれてきたらまた持って行きたいですね。

maki
maki

iPhoneで足りる気もするし専用カメラのほうが便利な面もあるし、迷うところです。

携行方法

α6000はコロンビアの撥水ショルダーポーチに収納し、ザックのショルダーに装着しています。

カメラとほぼ同時期(2015年頃)に購入したポーチなのでもう店頭には無いかもしれません。

まき
まき

10年近く使い倒した今でも劣化(革の破れなど)はほぼ無いです。

作りや素材がしっかりしている分、若干重いといえば重い(125g)のですが、ポーチからカメラの出し入れもスムーズで特に不満はありません。

一眼レフの収納といえば登山者御用達の、ピークデザインキャプチャーはずっと気になっています。

登山用品店でも売られているし品質は折り紙付きなのでしょう。ちょっとお高いけど。

アクションカム|DJI OSMO ACTION3

YouTubeを始めて以降は動画を撮ることが多くなり、現在はアクションカムがメインです。

GoProとDJIで迷いに迷った挙句、「温度の変化に強いらしい」という口コミと、なんと言っても価格の安さDJI OSMO ACTION3に決めました。

メリットデメリット
・初心者でも手の届く価格
・温度変化に強い
・磁石でマウント付け替えも楽
・風切り音がかなり入る
・専用のリモコン付き三脚が無い
・GoProに比べると情報が少ない
・専用マウントも少ない
DJI OSMO ACTION3のメリット・デメリット

すごい高温とか氷点下とか、ハードな環境下では使用してないので断言できませんが、電源がいきなり落ちるようなことは今のところありません。

カメラを回し続ける使い方もしていないです。撮りたい時だけ取り出しています。

バッテリー持ちは、例えば日帰り登山だと↓

①往路で細切れに撮ってトータル1時間強程度の使用(この時点で残量20~40%くらいになる)

②目的地で休憩中に充電(75~85%まで回復)

③復路も細切れに撮影しトータル1時間強程度→最後は残量20~30%ぐらいで下山

みたいな感じです。バッテリーが丸一日持つことはないので一回は充電してます。

maki
maki

ちなみにiPhoneを併用しながらの撮影です。1台使いだともっと消費するかも

バッテリーを複数個持っておくのが安心かもしれないですね(と思いながら買ってない)。

周辺機器1:DJI ACTION2 リモコン付き三脚

OSMO ACTION3には専用のリモコンが無いようで、DJI ACTION2のリモコン付き三脚を流用しています。

まき
まき

「リモコンが流用できるらしい」というSNSの曖昧な噂を頼りに賭けで購入!

問題無く使えて良かった!

重量はロッドが110g、リモコンが11gとのことで、合わせて121g。

これにカメラを装着すると、自分の非力な腕で登山をしながら持ち続けるにはギリギリぐらいの重さ。

そのため負担になるときは決してムリせず、主に低山ハイク時や樹林帯など、安全度の高い場所での撮影に使用しています。

周辺機器2:ULANZI ワイヤレスマイク

動画撮影の際、風切り音で自分の声がかき消されることがあったため、ワイヤレスマイクも購入しました。

ネットで情報を集め、お値段の割に性能が良いという評判のULANZIのマイクに決定。

今のところ問題なく使えています。ボソボソと低い声で喋る私の声もちゃんと拾ってくれます。

音響にそこまでこだわりなく「趣味で動画を作る」という領域内であれば、十分なのではと思います。

マイクが2つ付いてるセットもありま

マイク側にメモリーカードを入れることができて、音声データのバックアップも可能です。

ただ電源が入ったかどうかがちょっと分かりづらいかも。

電源入れたつもりで付いてなかったり、何かの拍子でオフになっても気がつかないことがあります。そうなると完全に無音ですので要注意(経験談・涙)

携行方法1:サコッシュ

三脚ロッドをつけた状態でしまう時は大きめサコッシュに、割と雑に突っ込んでいます。

むしろ三脚を入れるために大きなサコッシュを買ったようなものです。

携行方法2:TELESINのショルダーマウント

固定カメラとして使いたいときは、TELESINのショルダーマウントに装着しています。強力なマジックテープでザックのショルダーに巻きつけるタイプです。

これで楽に撮影が出来る!と思ったのですが・・

まき
まき

装着する位置を上手く調整できません。

映像に帽子のツバや髪の毛(ショートヘアなのに)が写りこんでしまったり、地面ばかり写ってしまったり。

自分の身体から距離を取れば良いのでは?と、付属マウントを追加で買って2つ繋げてみたのですが・・

マウントを2つ繋いだ状態

ショルダーから飛び出す形になるので映り込みはないですが、今度は歩く時視界の妨げになってちょっと邪魔でした(笑)

maki
maki

ストレス無くカメラを固定させる方法を研究中です。

携行方法3:STARTRCのハードケース

行きや帰りの乗り物など完全にカメラをしまっておきたいときは、STARTRCのOSMO ACTION用ハードケースに収納して、ザックにポイっと入れています。

右はマイクのケースです

頑丈な防水ハードケースの中にカメラ本体、メモリ、ケーブル、さらに上記のULANZIワイヤレスマイクもケースごとすっぽり入ります。

番外:DJI POCKET2

これは所有はしていないのですが、Action3を買う前にDJI POCKET2カメラサブスクで数か月レンタルしていました。

メリットデメリット
・軽量で持ち運びに最適
・操作は片手で楽々
・モニターが小さく何が映っているかよくわからない
・ヘッドの部分が壊れやすい
POCKET2のメリット・デメリット

虚弱ハイカーにとっては何より軽い(117g)のがいい!撮影もズームも片手で楽チンでした。

使い勝手は本当に良かったのですが、画面モニターが切手サイズぐらい小さく、何が映っているのか確認しづらいのが少しネック。

登山中なんて(私は)じっくりカメラに向き合う余裕はあまり無いですから「多分撮れてるだろう」ぐらいのファジーな感覚で撮影してました。

あと「ヘッドの部分が衝撃に弱く壊れやすい」との噂も。私はレンタル品を使っていましたので気をつけて使用していましたが、自分のものとなるとつい雑に扱ってしまいそうですね。

↓ホワイトカラーも可愛い。


【追記】そうこう言ってるうちに、DJIから新製品「Osmo Pocket3」が発売されました。

前モデルの数少ないデメリットだった「モニターの小ささ」が改良され、しかも回転式に!

ちらっと調べた限りでも評判は良いようで、欲しくなってしまいます。

maki
maki

Pocket3が発売されたことでPocket2がセールになってますね。迷います。

iPhone(13mini)

最初の頃の動画撮影は全てiPhoneでした。

ヘビーに撮影しない方なら、スマホ一つで十分だと思います(ただし予備バッテリーは必須です)。

メリットデメリット
・使い慣れている
・「シネマティックモード」で気軽にそれっぽい映像が撮れる
・自撮りアプリが使える
・他の用途にも使うので充電切れ、故障、紛失の際のダメージが大きい

現在も併用している主な理由は、上にも書いてますが

シネマティックモードを使って気軽にそれっぽい綺麗な映像を撮りたい

※「それっぽい」とはなんとな~く後ろがボヤけてて良い感じに見える映像を指しています(笑)

自撮りアプリで顔面をごまかしたい

この2点です。

アプリのフィルター便利ですよね。一瞬でシミソバカスが全部消える・・あまり頼ってはいかんと思いつつ、つい頼ってしまいます。

風景写真もフィルターを使うと、普通とは違った景色に見えて新鮮なのでよく使います。

↓写真アプリのフィルターをなぜ使うのかについて考えた記事はコチラ↓

携行方法:サコッシュかポーチ

スマホの持ち方なんてご紹介するまでもないとは思いますが・・

サコッシュにポイっと入れるか、ショルダーポーチにポイっと入れるか、上着を着ていればポケットに入れてます。

山で紛失したくないものNo.1のスマホ、カラビナとかで繋げとかなきゃと思いつつまだ手持ちのままです(^^;)


そんな感じで動画撮影のメインはOSMO ACTION3、要所要所ではiPhoneを使っています。

ただ複数のカメラであれこれ撮ると「あとで動画編集するときに時系列がわけわからなくなる」という面倒が発生する場合があるのでできれば統一させたいところです。

おまけ:浅くて長いカメラ遍歴

カメラ小僧にはなれなかった

私は昔からオタク気質と収集癖があったので、デジカメが普及する以前から一眼レフもポラロイドカメラも数台所持していました。

↓こんな感じのレトロな機体でした

当時は友人たちとポートレートを撮り合ったり、親族の集まりで「makiちゃん立派なカメラ持ってるんですってね😊」と冠婚葬祭のカメラ係に任命されたり。

まだ携帯カメラの無い時代。誰もが気軽に写真を撮る文化はなかったので、いいカメラを持っているだけでちょっと珍しがられ、ちょっぴり重宝(利用ともいう)されておりました。

が、その割にカメラの腕は上達しませんでした。専門用語もよくわかってないくらい。

「趣味は広く浅く」の精神ですがカメラに関してはとりわけ長いこと浅瀬を浮かんでおります。

最近はチェキで美味しかった食べ物の記録をアルバムにしたりしてます。女子高生のようなことが未だに止められない。

iPhoneの写真を転送してプリントできるので便利です。

最近のカメラは本体デザインもフィルムも可愛いですよね。

カメラに対し「腰を据えてもっと深く取り組みたい」と思える日がそのうち来る・・かどうかはわかりません。

まとめ

登山中のカメラの使い方についてはまだ試行錯誤を繰り返しています。

目新しい機材が登場するたびあれもこれもと欲しくなるミーハーライトカメラユーザーの私ですが、

ガチで無心の状態で山登りをしたい気分のときは撮影機材全て置いていくこともあります。

私は撮影のプロでもないし、SNSやYouTubeのために登山をしているわけでもないし。

肉眼で景色を見て五感で自然を楽しみたいという初心は忘れないようにしようと思っています。

とか言ってiPhoneは持ってるから結局少しは撮るんですけどね(笑)

それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました。

maki@hirarisanpo

コメント

タイトルとURLをコピーしました